TOP > 占術について

占術について

本サイトの特徴

姓名だけでここまで分かる!「あなたの人生運気」

姓名だけでここまで分かる!「二人の相性バランス」

姓名は、あなたがこの世に生を受けた際に一番最初に与えられる贈り物です。そこには人生の幸せのヒントがたくさん眠っています。あなたの姓名に隠された「才能」「幸福」「運気」その真実を全て包み隠さずお教えいたしましょう。占い師も通う! 元祖“当たる”姓名鑑定「日本運命学始祖」五聖閣結果サンプルはこちら!
結果サンプルを見る

姓名鑑定とは?

姓名鑑定とは、「数霊学」とも言われるほど、正しい数の把握が大切です。漢字には正字と俗字、常用字(常用略字・偽字)、国字がありますが、現在の日本では、ワープロや辞書などでさえ略字を使用しています。当サイトでは、すべての画数を正漢字に直し、鑑定しています。正漢字とは元々中国から渡来してきたものであり、日本で初めて使われたものも、清で編纂された「康煕字典(こうきじてん)」に準拠したものでした。それはすなわち旧字であり、象形から形づくられている文字の形、つまり文字に与えられた意味を重視している字体なのです。常用漢字は、それらの意味を踏まえず、漢字を簡略化しているものです。熊崎式が正漢字を重んじるのは、日本における姓名鑑定の創始たる所以です。


五格について

<例1>

姓名判断はその人の姓名を構成する文字の画数を使い、それらから導き出す「五格」という数を見ることで占います。
「五格」は天格・人格・地格・外格・総格の五つの格に分類され、それぞれに表す意味を持っています。これらを必要に応じて使い分けることで、その人の持つ運勢を様々な角度から見ることができるのです。

天格

天格とは姓の画数の合計です。上の<例1>のように、山田太郎さんの場合は8画となります。天格は「先天的運格」とされ、特に霊意はなく、人格との組み合わせ (五行の相性) が良いか、悪いかが重要になります。仕事運などに用いられます。

人格

人格とは姓の下と名の上の画数を合計したものです。上の<例1>のように、山田太郎さんの場合は9画となります。人格は主運格・性格などの吉凶を鑑定する際に見る格で、人間性そのものを形づくることから熊崎式姓名鑑定では最も重要な格とされています。また人生運の中年期の運勢を見るのにも人格が用いられます。

地格

地格とは名の画数の合計です。上の<例1>のように、山田太郎さんの場合は18画となります。地格は若年運格とされ、青年期、若い時の運命に影響します。この格で親から独立するまでの吉凶運を見ます。また恋愛の運命に大きく影響する格で、恋愛運や恋愛傾向にもこの格を用います。前運ともいいます。

外格

外格とは総格の画数から人格の画数を差し引いたものです。<例1>のように山田太郎さんの場合は26画−9画=17画となります。外格は副運格とされ、環境、家庭運、仕事運に影響する格です。熊崎式姓名鑑定では、人格とともに「姓名の2大要素」とされる重要な格です。

総格

総格とは姓名の画数を合計したものです。上の<例1>のように山田太郎さんの場合は26画となります。総格は後運格とされ、晩年期に作用します。人生全般に影響しますが、中高年運からの吉凶運を重点的に見ます。結婚運や、宿命そのものにも影響します。

霊数

霊数とは万物起源の数とされる「一」のことであり、熊崎式姓名鑑定では一字姓・一字名の場合、その霊数「一」の画数を加えて計算されます。左の<例2>のように森桜さんの場合、森の上に「一」を加え、桜の下に「一」を加えます。天格、地格、外格は霊数を含めて計算しますが、総格にはその数を加えません。すなわち森桜さんの場合は外格は2画ですが、総格は35画ではなく33画となります。

<例2>

五聖閣「姓名鑑定」完全無料メニュー!